脱毛サロンランキングTOP > 埋没毛のお手入れ方法をご紹介!

埋没毛のお手入れ方法をご紹介!

埋没毛に悩まれている方が多いと思います。こちらのページでは、埋没毛はどんなものなのか、その他お手入れ方法をご紹介します。
その埋没毛そのままにしておくと大変危険ですよ! 是非、こちらのページを参考に手入れを考えてみてください。

脱毛や、剃毛、除毛など、施術をした後、皮膚の上に伸びていかなければならない毛が皮膚内で発毛してしまった毛のこと。
乾燥などで角質が分厚くなってしまい、皮膚の下で育ってしまうものです。
原因
・自己処理の失敗
・一気に引き抜いたりするため

脱毛はプロに任せるのが一番ですが、どうしても自己処理で済ませたいと言う方に、そうならないように予防法をお教えします。

乾燥したままシェービングをするよりは、お風呂などで肌を潤してから施術をしていきます。

同じ箇所を何度も傷つけることで、肌が傷ついてしまい、毛が埋まってしまいやすくなります。

自己処理をした後はしっかり保湿し、肌の乾燥を防ぎましょう。

見た目的にも気になってしまいがちですが、無理矢理にでも、抜こうとすると肌を傷つけることがあり逆効果です。

蒸しタオルなどで、患部を1日2〜3回温めることで改善されます。

尿素クリームを塗ることで、肌が柔らかくなり毛が外に出やすくなります。

かなり時間がかかってしまいますが、毛が外に飛び出すのを待つことが大事です。

埋没毛にならないために

自己処理などが原因となりうるものです。できないようにカバーすることが大事。そういう毛をつくらないように肌を傷つけないようにしましょう。
結局手間のかかることですから、できるだけむやみな自己処理をしないことが懸命だと思います。

埋没毛をつくらせないことが大事!

埋没毛は自己処理などで起こりうる可能性のあるものです。
予防や対策をすることで、未然に防ぐことができます。
もちろん見た目に、黒くボツボツとしたものが見えるので、不快かもしれませんが、無理矢理ひっぱることは御法度です。
つくらせないようにするために、ケアをすることが先決です。