脱毛サロンランキングTOP > 医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛とエステ脱毛はなにが違う?

病院などで行う医療脱毛と、脱毛を専門に行う脱毛サロン。同じ脱毛をする場所ですが、一体何が違うんでしょうか。それぞれの特徴をふまえながらご紹介していきます。

病院や美容外科で施している脱毛方法。厚生労働省の許可を得た脱毛器を使用しているため、あくまで病院や美容外科で行う脱毛は「医療行為」なのです。
ほとんどの場合レーザー脱毛で行われるのですが6種類ほどあり、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザー、YAGレーザー、ライトシェア・デュエット、G-MAXなどがあります。
医療脱毛の特徴は、傷みが少なく、医療行為なので安全で、比較的短時間で施術が終了します。ちなみに「永久脱毛」という言葉は医療脱毛でしか使えません。

医療脱毛とは違って、資格がなくても脱毛ができます。しかし、脱毛サロンには各研修機関が設けられたり、スタッフの育成に力を入れている店舗や、もしもの肌トラブルのためにも医療機関と提携しているサロンもあります。
エステ脱毛は医師がいるわけではないので不安がありますが、提携していることで施術者の不安を取り除いてくれるのですね! エステ脱毛は医療行為ではない分、こういった努力でデメリットを補っているわけです。

医療脱毛とエステ脱毛の違いは以下の通り。

・フラッシュ式脱毛器(インテンスパルスライトという光のエネルギーを使う)
・レーザー式(フラッシュ式)脱毛器
・サーミコン式脱毛器(熱エネルギーを使う)

医療脱毛…短期間で脱毛できる
エステ脱毛…長期間で脱毛していく(街中にお店があり通いやすい)

医療脱毛…痛みが強い
エステ脱毛…傷みが少ないものが増えてきた

医療脱毛…割高なものが多い
エステ脱毛…割安なものが増えてきた
このように、脱毛サロンと医療脱毛には似ているようで、微妙に違いがあります。

「結局、医療脱毛とエステ脱毛どちらに行った方がいいの?」とお考えの方には是非エステ脱毛サロンをオススメします。
医療脱毛とは違って、多少期間はかかりますが、安価で通いやすく、予約も取りやすい。脱毛も傷みが少なく、店舗によっては、駅近で街中にサロンがあるので、買い物帰りやお仕事帰りに寄ることもできます。
脱毛サロンに興味を持ったそこのアナタ。掲載されているランキングから比較して選んでみてはいかがでしょうか? 口コミもあるので選びやすいと思いますよ♪ また、アフターフォローもしっかりしている脱毛サロンもありますので、探してみて下さいね!